マチの記憶ライブⅩ

10th Anniversary 2DAYS公演

日程:
2021年2月20日(土)〜2021年2月21日(日)
会場:
まなみーる岩見沢市文化センター大ホール
(岩見沢市9条西4丁目1-1)
マチの記憶ライブⅩ
10th Anniversary 2DAYS公演
@岩見沢市民会館大ホール

日程・出演
2月20日(土)
16:00開場 17:00開演 18:15終演予定
▼出演

2月21日(日)
13:00開場 14:00開演 17:00終演予定
▼ 出演

入場無料
※ 先着順・各日限定250席
※ 入場時に座席指定をいたします。指定された席での鑑賞をお願いします。
※ 座席間隔は1席おきに配置します。

Youtube LIVE 同時生配信
HamanasuArt チャンネルにて観覧無料
※ 今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては、コンサートの公開を中止し、無観客ライブ配信に変更させていただく場合がございます。

お問合せ
はまなすアート 0126-22-4235

ご来場されるお客様へお願い
新型コロナウイルス感染拡大防止のためご協力をお願いします。
□ コンサートを鑑賞されるお客様は、事前の検温と体調管理をお願いします。発熱・咳・倦怠感等の症状がある方はご来場をお止め下さい。
□ 鑑賞されるお客様はマスクの着用をお願いします。マスクを着用されていないお客様は入場をお断りいたします。
□ ご入場前、ロビーで検温と手指の消毒を実施していただきます。
□ ご入場時、来場者カードに氏名・住所・連絡先等をご記入いただきます。館内で感染が疑われる方が出た場合、所轄保健所等へ提出する場合がございますので、予めご理解をお願いします。
□ 転換中・休憩中は客席ドアを開放し換気いたします。
□ 出演者や関係者への差し入れ・楽屋等への訪問はご遠慮願います。


主催: NPO法人はまなすアート&ミュージック・プロダクション
後援: 岩見沢市、岩見沢市教育委員会
制作協力: Air SO-AQ、ミュージック・プレイス
宣伝美術: 株式会社みねのブランディング


■ 出演者プロフィール
歌劇弾 (かげきだん)
北海道教育大学岩見沢校音楽コースで出会い、2010年4月「オペラを身近なものに!」を合言葉に発足。ただ聴くだけでは難しい外国語の曲でも、内容や作曲された背景を解説し、曲の“ふるさと”、そしてそこに込められた“こころ”を幅広い年齢の方々に広め、クラシック音楽に触れる機会の無かった人にもその魅力を知ってもらい、コンサートホールへ足を運びたくなるようなパフォーマンスを目指している。

ソプラノ 川島 沙耶
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース声楽専攻卒業。同大学大学院修士課程修了。修了時に特別学生表彰。札幌市民芸術祭大賞を受賞。ハイメスコンクールにて第2位、中田喜直記念コンクールにて大賞受賞。清水かつら記念日本歌曲コンクール入賞。全日本学生音楽コンクール北海道大会にて第1位、全国大会に出場し第2位を受賞。パナソニック杯第66回毎日甲子園ボウルにて国歌独唱を務めた。PMF2011ではPMFチェンバープレイヤーズとして公演に参加。2014年に渡米、リンダブライス氏のもとで研鑽を積む。

バリトン 下司 貴大
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース声楽専攻卒業、同大学院修士課程修了。札幌市民芸術祭大賞、道銀文化財団奨励賞、中田喜直コンクール大賞など数多くのタイトルを獲得。PMF2010では巨匠F・ルイジ指揮プッチーニ<ボエーム>にマルチェッロ役で出演。2016年夏ローマ歌劇場のロッシーニ<セヴィリアの理髪師>のフィガロ役でデビューし、オペラの本場イタリアで活躍。帰国後も道内外でオペラの魅力を伝える活動に尽力する。

ピアノ 山本 真平
北海道教育大学岩見沢校芸術課程音楽コース鍵盤楽器専攻卒業。同大学院修士課程修了。札幌市民芸術祭奨励賞を受賞。夕張文化協会奨励賞を受賞。日本ピアノ教育連盟主催「第23回ピアノオーディション」にて奨励賞受賞、東京本選出場。「第16回北海道ショパン学生ピアノコンクール」入選。PMF2011にはPMF公式ピアニストとして参加し、芸術監督ファビオルイージが指導を行う「コンダクティングアカデミー」でもサポートの他、PMF修了生で編成される「チェンバープレイヤーズコンサート」に出演し、国内外のオーケストラ奏者と共演した。

賛助出演: 岩見沢少年少女合唱団
2007年、御法川慎司氏の提唱により10名足らずのメンバーで発足。翌年より瀬川香氏の指導のもと活動14年目を迎えた。小学1年生より大学生までの28名で構成され、ハーモニーの美しさや、舞台で動きのある表現を体験しながら、仲間との絆を深め合ってきた。活動は幅広く、東日本大震災被災地の訪問、クロネコファミリーコンサートで札幌交響楽団と共演、北海道少年少女合唱連盟合同コンサートへの出演、また、高齢者施設等への訪問コンサートを行うなど、多くの交流活動をおこなってきた。

ALL Iwamizawa
2011年結成。豪雪の北海道岩見沢市で生まれたご当地バンド。メンバーの全ては岩見沢出身者・在住者の社会人で構成される。2015年には、芸術の森スタジオでオリジナル楽曲4曲をレコーディング。1stミニアルバム「railway」をリリース。ショートフィルムをYoutube配信し話題を集めた。

ヴォーカル・ギター シカトマサヒロ
キーボード・ピアノ 川崎 知文
ベース 奥村 輝直
ドラムス 伊藤 潔

活動歴(抜粋)
2012年 であえーる岩見沢オープニングイベント「郷土愛・岩見沢」出演。
2013年 ショートフィルム「railway」を制作・youtube配信。
2014年 マチの記憶ライブⅢに出演。
2016年 そらちグルメフォンド(2015-2016)イメージソング「空と風と自転車で」を発表。
2020年 18th SOUND AIR 2020 配信ライブに出演。

hopesign (ホープサイン)
1979年生まれ。北海道芦別市出身。岩見沢市在住。全国各地で年間170本以上のライブ活動を展開中。地元岩見沢では月1回のペースで自主企画「針のない羅針盤」を開催。岩見沢コミュニティラジオ FM はまなす 76.1 MHz にて、自身がメインパーソナリティを務める「hopesign の終わらない歌」放送中。半径1メートルの日常から、自身を取り巻く世界を、独自の角度から切り取り、歌にしている。

活動歴(抜粋)
2010年 1st Full Album「11篇の歌と、合図」発表。
2012年 2nd Full Album「針のない羅針盤」発表。
2016年 Mini Album「狼煙を今あげたところ」発表。
2019年 JOIN ALIVE 2019 「Alternative Garden」出演。
2020年 3rd Full Album「種を蒔く人」発表。

山木 将平
「SAPPORO CITY JAZZ 2010」パークジャズライブ・コンテスト優勝。これまでに9枚のCDをリリース。2011年、2012年トロント国際ジャズフェスティバル出演。2014年、2015年ジャカルタJava Jazz Festival出演。RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012出演。・2015年ミラノ国際博覧会 日本館(EXPO Milano 2015 Japan Pavilion)にて演奏。2016年ニューヨークにて開催されたJAPAN WEEKにて演奏。2018年8月5日に開催された北海道150年記念式典では天皇皇后両陛下の前で演奏。2019年札幌国際短編映画祭では楽曲が使用された作品『ODYSSEY』で最優秀作曲賞を受賞。2020年野田秀樹演出『東京キャラバンin北海道』に出演。演奏活動に加えて北海道のPR活動にも力をいれていて、TVやラジオで多数楽曲が使用されていて、最近は役者としても活動。現在は札幌を拠点に国内外で活動中。

鈴木 明倫
DANCE STUDIO LoRe主宰。
北海道教育大学岩見沢校芸術課程卒業、美術教師の免許を取得。10歳よりJAZZダンスを始め、その後様々なジャンルのダンスを学び、数々のダンスコンテストで受賞を重ねる。現在は日本全国多くの舞台に立ち、海外でも活躍する。龍谷学園高等学校ダンス授業特別講師。北海道ダンスプロジェクト(HDP)正会員。札幌文団協議会会員。

活動歴(抜粋)
・テレビ朝日ミュージックステーションにSuperflyのバックダンサーとして出演
・TEAM NACSコンサート「ドリームジャンボリー」振付&バックダンサー(2006&2008)
・歌舞伎俳優•市川猿之助主演「八岐大蛇」(京都・春秋座)にダンサーとして出演(2014)
・ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」東京•大阪公演出演 (2011&2013)
・香取慎吾主演ミュージカル「オーシャンズ11」出演
・東京、福岡、大阪、名古屋にて東宝ミュージカル「エリザベート」にトートダンサーとして全225公演出演(2015〜2016)
・韓国ソウルの国際ダンスフェスティバル「NEW DANCE FOR ASIA」に招聘され、作品「pitch」を発表
・2018年春、北海道150周年記念事業として再び時計台にて「盲目のサロルンカムイ」出演
・2020年、北海道阿寒イコロシアターにて夏木マリ監修、小尻健太振付「阿寒ユーカラロストカムイ」出演
クリックすると拡大できます。